賛助会員 9・団体

下の青色の賛助会員名をクリックすると、ホームページがご覧になれます。 (順不同)
賛助会員名 所在地 (口数)
三美印刷株式会社 東京都荒川区 (1)
トモエ算盤株式会社 東京都新宿区  (1)
有限会社ベレ出版  東京都新宿区   (1)
株式会社日本評論社 東京都豊島区   (1)
日本珠算連盟 東京都千代田区 (10)
兵庫県珠算連盟  兵庫県神戸市 (1)
東京珠算教育連盟  東京都立川市 (1) 
日本商工会議所 東京都千代田区(1)
数学月間の会 神奈川県横浜市(1)
 
あなたは3094422人目です。
〜連携行事を募集しています〜

当協会では、機関誌「数学文化」の発行や数学文化公開講演会の開催などの諸活動を通じて、数学を学び楽しさをアピールし、数学文化の向上に努めておりますが、更なる数学文化の向上と数学と数学教育の意義を再確認する運動の一環として、昨年開催した第4回総会において、毎年7月22日~8月22日の1カ月間を、数学月間とすることを決定し、関係諸学会等とも協力し、多くの皆様方に数学を学ぶ楽しさをアピールしていくことにいたしました。

 つきましては、この月間内(あるいはその前後)に、実施される数学的な行事(例えば、講演会や出前授業、勉強会、文部科学省が実施している「科学技術・理科大好きプラン」事業であるサイエンス・パートナーシッププログラム(SPP)やスーパーサイエンスハイスクール(SSH)などとの連携講座、珠算競技大会、展示(覧)会、オープンキャンパスの1企画など)がございましたら、是非「数学月間に連携した行事」としていただくよう関係の皆様方のご協力をお願いいたします。

 当協会宛に「数学月間に連携した行事」としてご連絡いただいた行事は、数学を学ぶ楽しさを実感できる場として、上記の一覧表により、随時ご案内してまいります。

 「数学」は「数我苦」ではなく「数楽」であることを一人でも多くの方々に知ってもらうために、協力してアピールしていきましょう。

(注意1) 22/7=3.14・・・≒π、 22/8=2.7・・・≒e(自然対数の底)にちなんでいる。
(注意2)アメリカでは大統領宣言に基づいて1986年に4月中旬の一週間を数学週間と定め、それ以降、数学月間に拡大して活動が続いている。

<本件連絡先>日本数学協会事務局
       〒160-0011
        東京都新宿区若葉1-10  
        TEL:03-6821-3313
        FAX:03-5269-8182
        E-Mail:sugakubunka@gmail.com
 
数学月間の会
12345
2017/06/30

IMAGINARY数学アート展

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦
数学月間(7/22-8/22)は,数学に関心を持つのに良い機会です.
イベント情報
■IMAGINARY 数学アート展
◆ 日時 ◆
2017年8月8日 14:30 ? 22:30
◆ 場所 ◆
東京都千代田区神田神保町 1-6 神保町サンビルディング 3F みらい研究所 (一部スペース)
開催場所について詳しくは、こちらをご覧ください。
◆ 料金 ◆
600円 (みらい研究所1時間利用料)

IMAGINARY 数学アート展のイベント情報は、こちらをご覧ください。

09:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/05/28

国立情報学研オープンハウス

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦
国立情報学研オープンハウスは,6月9日,10日です
http://www.nii.ac.jp/openhouse/
15:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/05/15

数学月間勉強会の開催お知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦
●数学月間勉強会
「結晶空間群で,物理と数学を学ぼう」,

谷 克彦(日本数学協会幹事)
●数学月間の会,日本数学協会
数学月間流勉強会の特徴は,テーマを,数学と社会(今回は,物理/芸術)の両面からとらえることです.それは,完成した数学の学習ではなく,数学が生まれる現場に立ち会うようでもあります.
”通俗解説書は何冊読んでもピント来ない(私もそうです),一方,補題・定理の証明に終始する抽象数学は味気ない”と思っている皆さん,とくに若い方々にお勧めします.
初心から専門の方まで広くご参加を歓迎します。

●日時:6月28日,15:00~17:00
●場所:東京大学出版会,会議室
最寄り駅は,駒場東大前
●無料
●問い合せ・申し込み: sgktani@gmail.com
●第1回のテーマ:
「周期と空間のデジタル化」,繰り返し模様を鑑賞する     
第2回は,「結晶点群」と部分群を理解する
第3回は,並進群の結晶点群による拡大「結晶空間群」を作る
第4回は,因果律の対称性
の予定です.

13:45 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/03/23

2017年の数学月間懇話会

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦

数学と社会の架け橋=数学月間(7/22-8/22)
数学月間懇話会は,毎年数学月間の初日7/22に実施しています.
2017年の7/22は,土曜日です.閏年を考慮しなければ.
365/7(mod7)=1ですから,毎年,曜日は1つづつずれます(去年は金曜日でした).
今年は,幸運にも土曜日になりました.
例年なら仕事などで参加できない方も,今年はどうぞご参加下さい.
ーーーーー

数学月間懇話会(第13回)のお知らせ


●7月22日(土),13:50-17:20, 開場:13;30
●東京大学(駒場),数理科学研究科棟002号室
●参加費無料, 直接会場にお出で下さい.

●問い合わせ先 sgktani@gmail.com

プログラム
1.社会調査の実際,森本栄一(ビデオリサーチ)
2.ブラックホールを見る,池田思朗(統数研)
3.星型正多面体の体積比較(模型も作るよ!),小梁修(osa工房)

17:30から,学内のイタリアントマトで懇親会をします(飲食は各人払い)


09:49 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2016/07/13

SGK通信(2016-04)数学月間連携常時

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦

◆数学月間連携イベント清水勇二教授(ICU)より連絡いただきました)
・三鷹ネットワーク大学 国際基督教大学寄付講座
題目:数学の夕べ 「関係性の数学 - カテゴリー(圏)論入門」
日時:7月22日(金)19:00?20:30  

https://www.kouza.mitaka-univ.org/kouza/B1651000
場所:三鷹ネットワーク大学    (東京都三鷹市下連雀3−24−3 三鷹駅前協同ビル3階)

・ICUオープンキャンパスでのモデル授業
題目:シンメトリー ? 多項式で楽しむ
講師:清水勇二
日時:8月13日(土) 12:05?12:50 および 15:05?15:50
  (同じ講義を2回します。)

場所:国際基督教大学 理学館2F 220 教室
(東京都三鷹市大沢 3-10-2)


08:24 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2016/05/13

SGK通信(2016-03)高校生の数学意識

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦
「高校生に対する数学への意識調査」結果の紹介(本村修二)

文部科学省のサイト内の下記の個所に、
http://www.mext.go.jp/a_menu/math/index.htm
「数学・数理科学を活用した異分野融合研究の動向調査」報告書が、掲載されています。
この中の分冊(第4〜5章)に、「高校生に対する数学への意識調査」という節があり、
 スーパーサイエンスハイスクール指定高校の生徒への質問紙調査の結果が書かれています。 その中の興味深い結果を、いくつか紹介します。

1) 数学に関心がある生徒が、数学に興味を持つようになったきっかけは、
   上位から順に「塾の先生」、「学校の先生」、「本、雑誌」、「友人」、「両親」の5つで、
    「塾の先生」が突出して高い。
   このことからして、「高校生においては、対人的な影響が数学に興味を持つきっかけ
   と して重要であることが伺える」とのことです。
2〉 文系志望の学生においても、数学が特に敬遠されているわけでない。
3〉 高校生の数学学習意欲を高めるためには、次の2点が重要。
  ・塾や学校の教員が、生徒に対して積極的に働きかけることによって、
   数学に対する生徒の興味関心を喚起すること。(内発的動機づけ)
  ・数学の有用性を示す具体例を豊富に生徒に提示して、
   数学が「社会にとって役に立つ」だけでなく、
   「あなた自身にとっても役に立つ」ことを示すこと。(外発的動機づけ)

詳しくは、上記報告書をご覧ください。また、分冊(第7章、参考)の「第5章の調査結 果概要」節にも、上記調査の概要が記されています。

23:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/10

SGK通信(2016-02)投稿論説

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦

論説2件の投稿があります.pdfファイルをクリックしてご覧ください.

片瀬さん・尾木さんが作成した検索ソフトを活用して,

「日常生活に役立つ数学の題材」を使いこなすことの提案です.

SGK流・数学は役に立つ.pdf   片瀬 豊・尾木 純


数学が役に立つ(社会にとっても,自己にとっても)ということに

異論を唱える人はいないでしょう.問題はしからばどうするかということ.

SGK流・効果的な数学教育方式.pdf   片瀬 豊

片瀬さんの論説は,

A(連携研究),B(社会諸分野のイノベーション),C(教育の基礎)

という3つの着眼点をあげています.

数学月間は,ただの講演ではなく,いろいろなことをしたいものです.

ご意見をお寄せください.


23:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/10

SGK通信(2016-01)数学月間懇話会(第12回)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦
2016年の数学月間懇話会(第12回)のお知らせ
日時:7月22日,14:00~17;00
場所:東大駒場キャンバス,数理科学研究科・002号教室
1.数学者って,どんな顔をしてる?
  亀井哲治郎・河野裕昭(亀書房・写真家)
2.世論調査は正しいか
  松原望(東京大学名誉教授,聖学院大学)
3.がん登録の可能性
  田渕 健(都立駒込病院・東京都がん登録室)

参加費無料.
17:30より構内カフェテリアにて懇親会(各自払い)
問い合わせ先:sgktani@gmail.com(日本数学協会,数学月間の会)
皆さんのご参加をお待ちします.
23:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 会合・講演会
2015/08/11

「数学文化」No.25,21に寄せて_竹内淳美

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦

「数学文化」No.25 2015の表紙絵(黒 96 クロ clock)が面白い。

作者海保透氏がエッセイでこれを解説しておられる。96個の●の時計、24時間X4日=96時間の表示だが、1~24の数をfour fours で

1=(4+4)÷(4+4)、24=4x4+4+4 のように表示してある。

読者に、残りの25~96、72個の文字盤を、埋めるよう促がしているかのようだ。

挑戦、まことに楽しく、時間を忘れた。

25=∑4x√4+∑4÷√4 から 96=(4x4)x(4+4)までトライしてみた。

以下に結果を示す。解は一解とは限らないが、ここでは、一解のみ示す。

 

第2日(25~48時)

25=∑4x√4+∑4÷√4      26=4!+(√4x4÷4)

27=4!+4―〈4÷4)       28=4!+(4x4÷4)

29=4!+4+(4÷4)       30=4!+4+(4÷√4

31=∑(4+√4+√4)+∑4      32=4÷(4√4

33=4!+∑4―(4÷4)      34=4!+4+4+√4

35=4!+∑4+(4÷4)      36=4!+4+4+4

37=∑(4+4)+(4÷4)       38=4!+∑4+√4x√4

39=4x∑4―(4÷4)        40=4x∑4x4÷4

41=4x∑4+(4÷4)        42=4x∑4+4/√4

43=∑(∑4)―(4+4+4)    44=4x((∑4+(4÷4))

45=∑((4+4+(4÷4))      46=4∑4+4+√4

47=√4x4!―(4÷4)       48=(4+√4)x(4+4)

 

第3日(49~72時)

49=√4x4!+(4÷4)       50=(4+(4÷4))x∑4

51=∑(4+4+√4)―4        52=√4x4!+√4+√4

53=∑(4+4+√4)―√4        54=√4x4!+√4+4

55=∑(4+4+(4÷√4)       56=√4x4!+4+4

57=∑(4+4+√4)+√4        58=√4x4!+∑(4+√4)

59=∑(4+4+√4)+4         60=4÷4―4

61=∑(∑4)+√4+√4+√4      62=4÷4―√4

63=∑(∑4)+(4+√4+√4)    64=(4+4)x(4+4)

65=∑(∑4)+(4+4+√4)    66=4÷4+√4

67=∑(∑4)+(4+4+4)     68=∑【(4+√4)x4】÷√4

69=∑(∑4)+(4x4―√4)    70=∑(4x4)÷√4+√4

71=∑(∑4)+(4x(√4+√4))  72=(4―(4÷4))x4!

 

第4日(73~96時)

73=∑(∑4)+(4x4+√4)     74=∑(4+4+4)―4

75=∑(∑4)+(4÷√4x∑4)    76=∑(4+4+4)―√4

77=∑(∑4+√4)―(4÷4)     78=∑(4+4+√4+√4)

79=∑(∑4+√4)+(4÷4)     80=∑(4+4+4)+√4

81=〈∑4―4/4〉√4         82=∑(4+4+4)+4

83=∑(∑4)+4!+√4+√4     84=4∑(4+√4+√4)

85=∑(∑4)+4!+4+√4      86=4∑(4+√4)+√4

87=∑(∑4)+(4x4x√4)     88=4x4!―(4+4)

89=∑(∑4+4)―(4x4)      90=4x4!―(4+√4

91=∑(4!÷√4+(4÷4))      92=4x4!―(√4+√4

93=∑(∑4)+4x∑4―(4÷√4)  94=4x4!―(4÷√4

95=∑(4x4―√4)―∑4        96=(4x4)(4+√4

 

                (2015.629 竹内淳実)

 

 

「数学文化」No.21、2014「シミュレーションの嘘と真実」に寄せて

 

巨大地震發生率  

確不地震發生率 確なりや(いな)や地震の発生率

定數疏疏參數密 定数疏々にして参数は密

此値縱横操世情 此の値縦横 世情を操る

莫淫模擬仿眞術 模擬仿真の術を淫にする莫れ

注・参数=パラメーター

                 2015.6)竹内淳実


07:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2015/08/11

洩れなく見つけようピタゴラス数

Tweet ThisSend to Facebook | by:谷 克彦
ピタゴラス数は無限にあることはユークリッドが証明しています.
竹内淳美氏から,ピタゴラス数の求め方と遊び方についての面白い投稿がありました.
洩れなく見つけようピタゴラス数.pdf

次の3つの方法について解説されています.
奇数辺Aから求める
偶数辺Bから求める
斜辺Cから求める
06:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345