SNS公式アカウント

 
 

日本数学協会関連リンク

カウンタ

COUNTER136252
賛助会員 9・団体

下の青色の賛助会員名をクリックすると、ホームページがご覧になれます。 (順不同)
賛助会員名 所在地 (口数)
三美印刷株式会社 東京都荒川区 (1)
トモエ算盤株式会社 東京都新宿区 (1)
有限会社ベレ出版  東京都新宿区 (1)
株式会社日本評論社東京都豊島区 (1)
日本珠算連盟 東京都千代田区 (10)
兵庫県珠算連盟  兵庫県神戸市 (1)
東京珠算教育連盟東京都立川市 (1) 
日本商工会議所 東京都千代田区(1)
数学月間の会 神奈川県横浜市(1)
 
〜連携行事を募集しています〜

当協会では、機関誌「数学文化」の発行や数学文化公開講演会の開催などの諸活動を通じて、数学を学び楽しさをアピールし、数学文化の向上に努めておりますが、更なる数学文化の向上と数学と数学教育の意義を再確認する運動の一環として、昨年開催した第4回総会において、毎年7月22日~8月22日の1カ月間を、数学月間とすることを決定し、関係諸学会等とも協力し、多くの皆様方に数学を学ぶ楽しさをアピールしていくことにいたしました。

 つきましては、この月間内(あるいはその前後)に、実施される数学的な行事(例えば、講演会や出前授業、勉強会、文部科学省が実施している「科学技術・理科大好きプラン」事業であるサイエンス・パートナーシッププログラム(SPP)やスーパーサイエンスハイスクール(SSH)などとの連携講座、珠算競技大会、展示(覧)会、オープンキャンパスの1企画など)がございましたら、是非「数学月間に連携した行事」としていただくよう関係の皆様方のご協力をお願いいたします。

 当協会宛に「数学月間に連携した行事」としてご連絡いただいた行事は、数学を学ぶ楽しさを実感できる場として、上記の一覧表により、随時ご案内してまいります。

 「数学」は「数我苦」ではなく「数楽」であることを一人でも多くの方々に知ってもらうために、協力してアピールしていきましょう。

(注意1) 22/7=3.14・・・≒π、 22/8=2.7・・・≒e(自然対数の底)にちなんでいる。
(注意2)アメリカでは大統領宣言に基づいて1986年に4月中旬の一週間を数学週間と定め、それ以降、数学月間に拡大して活動が続いている。

<本件連絡先>日本数学協会事務局
       〒160-0011
        東京都新宿区若葉1-10  
        TEL:03-6821-3313
        FAX:03-5269-8182
        E-Mail:sugakubunka@gmail.com
 
数学月間の会
12345
2019/05/14

数学月間懇話会(第15回)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦
数学月間懇話会(第15回)7月22日,14:00-17:30(開場13:30)
東大駒場キャンパス,数理科学研究科,002教室
参加費,1,000円(高校生中学生は無料)
1.片瀬豊さんと数学月間,谷克彦
2.教育数学と高大接続,岡本和夫
3.数学書として憲法を読む,秋葉忠利(前広島市長)

17:40から構内イタリアントマトで懇親会(各自払い)

07:11 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/05/13

NPO法人数学月間の会の会員募集

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦
数学月間の会は,3月22日にNPO法人(理事長,岡本和夫)になりました.
定款などは,http://sgk2005.saloon.jp/ ホームページにあります.
正会員(年会費2,000円),賛助会員(年会費1口当10,000円)の募集を開始しました.
初年度は短期のため,入会費と年会費は0円と定款に明記しましたが,
会員募集を始めないうちに初年度(3月22日~3月31日)が終わってしまい,現在2年目に入っています.4月は私の目の手術や連休があったために,募集開始が今週13日からとなりました.そこで,5月中の登録は,初年度登録(遡り3月中の登録)として入会金0円を適用し,年会費は本年度(4月~来年3月)のものに割り当てますので,会員登録を5月中にされることをお勧めします.
登録は,http://sgk2005.saloon.jp/ ホームページにあります.問い合わせ sgktani@gmail.com
ーーーーー
会費の振込先は,ゆうちょ銀行で
特定非営利活動法人数学月間の会
トクヒ)スウガクゲッカンノカイ
10160-98806291

07:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/10

訃報

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦

数学月間設立に尽力された片瀬豊氏が,8月8日に亡くなりました.
通夜:8月18日,6時から
告別式:8月19日,11時から
いづれも,横浜港南台,くらしの友にて
(くらしの友の住所は)
神奈川県横浜市港南区港南台4丁目24−10

なお,8月22日の「数学月間懇話会(第14回)」は故人の遺志を引き継ぎ予定通り実施します.


14:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/05/16

数学月間懇話会(第14回)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦
数学月間懇話会(第14回)のお知らせ
●場所:東大駒場キャンバス,数理科学研究科・002号教室
●日時:2018年8月22日,14:00-17:00
●参加費無料
直接会場にお出で下さい.
●主催:数学月間の会,日本数学協会
●問い合わせ:sgktani@gmail.com
●プログラム:
1.企業での数学活用の実際,渡邉好夫(リコーICT研究所AI応用研究センター,技術顧問)
2.
エントロピーと対数,対称性,宮原恒昱(首都大学東京名誉教授・客員教授
3.パズル玩具と数学の接点-「解ければ終わり」ではもったいない,秋山久義(数学遊戯研究家)

●17:30より構内カフェテリアにて懇親会(飲食は各自払い)
皆さんのご参加をお待ちします.

17:25 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/02/26

数学月間勉強会(第4回)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦
数学月間勉強会ー「結晶空間群で,物理と数学を学ぼう」第4回
講師●谷克彦
主催●日本数学協会,数学月間の会(SGK)
日時●3月27日,14:30-17:00
会場●東京大学出版会,会議室
最寄り駅●京王井の頭線「駒場東大前」
参加費●無料
問合せ・申し込み●sgktani@gmail.com,谷克彦
(SGK世話人)
第4回テーマ●「群の表現と応用」
数学月間勉強会の特徴は,物理と数学の両視点から数学誕生を理解できるところで,特に初心の若い方々にもお勧めします.

07:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/11/24

数学月間勉強会(第3回)お知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦
数学月間勉強会ー「結晶空間群で,物理と数学を学ぼう」第3回が近づきました.
日程が形の科学会と続きご迷惑おかけしますが,予定通り実施します.
御多忙な時期ですがどうぞご参加ください.
主催●日本数学協会,数学月間の会(SGK)
日時●12月12日,14:30-17:00
会場●東京大学出版会,会議室
線路沿いの留学生会館などのある敷地内の一番奥の建物です.
東大構内ではありませんからご注意ください.
最寄り駅●京王井の頭線「駒場東大前」
参加費●無料
問合せ・申し込み●sgktani@gmail.com,谷克彦(SGK世話人)
第3回テーマ●「結晶空間群の作り方」
数学月間勉強会の特徴は,物理と数学の両視点から数学誕生を理解できるところで,特に初心の若い方々にもお勧めします.

08:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/09/08

数学月間勉強会(第2回)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦
学月間勉強会ー「結晶空間群で,物理と数学を学ぼう」第2回
主催●日本学協会,学月間の会(SGK)
日時●9月26日,14:30-17:00,(開場14:00)
会場●東京大学出版会,会議室
最寄り駅●京王井の頭線「駒場東大前」
参加費●無料
問合せ・申し込み●sgktani@gmail.com,谷克彦(SGK世話人)

第2回テーマ●「美しい多面体と点群,結晶点群の鑑賞」
第1回は周期的空間でした.第2回は有限図形の対称性を鑑賞し,
次回の周期的空間の対称性につなぎます.

数学月間勉強会の特徴は,物理と数学の両視点から数学誕生を理解できるところで,特に初心の若い方々にもお勧めします.
07:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/08/18

とっとりサイエンスワールド

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦
今年のとっとりサイエンスワールドは,in米子は終了したので,あと2回:8月20日(in鳥取),8月27日(in倉吉).お近くの方お寄り下さい楽しいですよ.以下の写真は去年のもの
https://www.facebook.com/TottoriSW/photos/pcb.1802505856693503/1802505710026851/?type=3

18:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/07/21

いよいよ数学月間始まる

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦
The period of July 22nd to August 22nd was set as "Maths Awarenes Month (MAM) of Japan" by the Mathematical Association of Japan (MAJ) in 2005. MAM of Japan is run on a voluntary basis. These dates are derived from two mathematical constants Archimedes' pi(22/7=3.14...) and Napier's or Euler's e(22/8=2.7...). During this period we support various events for raising the awareness of maths throughout the country.

7月22日ー8月22日は数学月間です.
7月22日の懇話会では,講演3つがあります.

06:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/30

IMAGINARY数学アート展

Tweet ThisSend to Facebook | by 谷 克彦
数学月間(7/22-8/22)は,数学に関心を持つのに良い機会です.
イベント情報
■IMAGINARY 数学アート展
◆ 日時 ◆
2017年8月8日 14:30 ? 22:30
◆ 場所 ◆
東京都千代田区神田神保町 1-6 神保町サンビルディング 3F みらい研究所 (一部スペース)
開催場所について詳しくは、こちらをご覧ください。
◆ 料金 ◆
1000円 (8月から,みらい研究所1時間利用料600円が値上げされたようです)
https://www.facebook.com/mathartday/
IMAGINARY 数学アート展のイベント情報は、こちらをご覧ください。

09:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345